図解でわかる プログラムのすべて 動作メカニズムから開発技法まで

日本実業出版社

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

日本実業出版社の本

日本実業出版社の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

図解でわかる プログラムのすべて 動作メカニズムから開発技法まで

図解でわかる プログラムのすべて 動作メカニズムから開発技法まで ISBN:4534035276
出版社:日本実業出版社
Author:小泉 修 
Media:単行本
価格:2,625




amazonで購入する amazonで購入する




レビュー
   パソコンが普及し、その処理能力やディスク、メモリ容量などハードウェアの仕様が向上すると、OSやアプリケーションなどのソフトウェアは巨大となる傾向にある。ソフトウェアの機能が充実することは、反面コンピュータのしくみが見えにくくなっていくことにつながる。

   本書は、コンピュータを思いどおりに操るプログラミングとは何か、についてわかりやすく解説したものである。プログラムを説明する準備としてコンピュータのしくみを取り上げるなど、プログラム初心者にも理解しやすい内容となっている。

主な内容を、章別に挙げておこう。

  • 第1章 プログラミングや言語、コンパイラ、機械語によって動くコンピュータの構造
  • 第2章 CPU、メモリなどのコンピュータアーキテクチャと2進数、アドレス空間、レジスタ、アセンブラ言語などの関係
  • 第3章 C++、Javaなど高水準言語によるコンピュータの制御(標準入出力、ファイルアクセス、ネットワーク)
  • 第4章 構造化プログラミング、繰返しや分岐といった基本構造、変数、配列、演算子、アルゴリズムなど
  • 第5章 オブジェクト指向プログラミングについて
  • 第6章 代表的なプログラミング言語が持つ特性
  • 第7章 統合開発環境によってプログラムを開発するためのノウハウ
タイトルどおり、豊富な図版が配置されており、理解しやすいよう工夫が懲らされている。プログラミング初心者やプログラムが動作するしくみを知りたい読者におすすめしたい。(大塚佳樹)



カスタマーレビュー
「プログラミングとは何か?」と考えてしまう人に、しっかりと答えを与えてくれる この本を読む対象は、何かやるときに背景をきっちり理解してから行動を起こしたい人にちがいない。

プログラミングをしたいけど、どの言語がいいのだろうかと考える時や、プログラマーになりたての時、「そもそも自分がやるプログラミングってどういうものなんだろう?」と考えてしまう人に対して、しっかりと答えを与えてくれる。

「プログラムとはそもそも何か」から始まり、プログラムがどのように動作するのか、機械語の世界(2進数の演算、論理回路、アセンブラ言語)の解説から、 プログラムを構成する要素、構造化プログラミング、システムの設計・開発の概要まで通して話が進み、プログラミングに焦点を当てつつ、全般的なところまでわかりやすく説明してくれている。



amazonで購入する amazonで購入する



日本実業出版社の他の本
  入門の入門 債券のしくみ 見る・読む・わかる
  建築材料がわかる事典 わかる・使える・役に立つ
  いきいき離婚あんしん講座 弁護士中村久瑠美が教える
  試験に受かる作文・小論文の書き方 大学入試から各種資格・就職試験まで


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料