もうひと押しができない! やさしすぎる人のための心理術

日本実業出版社

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

日本実業出版社の本

日本実業出版社の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

もうひと押しができない! やさしすぎる人のための心理術

もうひと押しができない! やさしすぎる人のための心理術 ISBN:4534035489
出版社:日本実業出版社
Author:ゆうき ゆう 
Media:単行本
価格:1,365




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
さすが作者が他の人と他の心理学者と違うのは、効果の名づけ方。
プロのコピーライター顔負けです。
例えば、よくある「YESBUT法」
これを作者は「プラスチックバット法」と名づけています。
普通の「YESBUT法」を「木製のバット」に例えています。
ちなみに「YESBUT法」は断るコツの一つで

最初に「YES」と言った後に、やんわり断るという方法です。
このやんわり「YES」と言うことを作者は「プラスチック」と言っています。
他にも「幸せな砂時計」「B面のメロディ」「炎の微笑」など、
面白い例えで、人の心の動きを解説してくれます。
必ず、笑わせるネタが用意してあるので、
心理学が難しいなんて思っている人にはオススメです。気晴らしにもなりますもうひと押しができない!この字を見て俄然読む気がわいてきた
僕はもう一押しどころか、少しも押すことができない
だからこそ読む必要があったのである。

中身はどうなっているかといえば、著者がつけたユニークな名前のテクニックが色々と載っていた。心理学というとどうも難しいという印象を今まで持っていたが、この本はそんなことはなくて面白くためになったと思う。特に印象に残っている箇所は「人間がいい間違えをするときは何かある」ということでしょうか。人間は本来いい間違えは絶対しない生き物であるそうです。
だから、友達、恋人が何かいい間違えをした際は何かあるのでしょう。
この本に書かれていたことは幅広い分野でいかせると思うので読んでみてはどうでしょうか中谷彰宏の心理学版このシリーズは全てそのようですが、心理学のエッセンスをうまく使って書くのがうまいなあとは思いますが、間違いが書いているわけではありませんが中身はとてつもなく薄っぺらく軽すぎます。中谷彰宏の心理学版といった感じです。




日本実業出版社の他の本
  強い会社をつくる失敗学
  一目でわかる中国有力企業と業界地図
  松下で呆れアップルで仰天したこと エンジニアが内側から見た企業風土の真実
  350~600点をめざす TOEICテストスコアがグングン上がる魔法の本


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料