株 1年4か月で2億円稼いだ私の短期回転売買術

日本実業出版社

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

日本実業出版社の本

日本実業出版社の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

株 1年4か月で2億円稼いだ私の短期回転売買術

株 1年4か月で2億円稼いだ私の短期回転売買術 ISBN:4534037953
出版社:日本実業出版社
Author:梶田 政人 
Media:単行本
価格:1,470




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
真似はできそうもない。著者は株が命の人だ。
一日中チャートを見ている人だ。
そして、信用取引やワラントで、資金上限の
ものすごいレバレッジをかけて、狩猟のようにトレードする人だ。
ある意味で、天才的な勘と、度胸(精神力)がないと同じようには
いかない。
「こんなのマネできないよ」と苦笑いするだけである。一度は読む価値あり?筆者が決めたルール(鉄則)の説明
?筆者が取引で使うチャート分析の説明
?筆者が実際に売買した銘柄で<?>を利用した取引内容の説明
本書は大まかに上記の内容でまとめられている。

個人的に?が一番参考になり、株取引をしている人は一読する
価値があるとは思うが、?に関してはどのチャート分析の本を

読んでも書いてあることであり、?に関しては2003年?2004年4月
までの上昇相場の取引内容なので、少々もの足りない感も否めない。

上昇相場だけでなく、7月の新興総崩れの時の取引内容まで記載されて
いたらと思うのは私だけではないでしょう。「稼ごう」等ではなく「稼いだ」株の本は「○円儲けよう」とか「○円稼ごう」という本がほとんどだがこの本は「稼いだ」という事実、ということが他の本と違う。タイトルに惹かれ買ってみたが「儲けよう・稼ごう」といった、いわば当たるか外れるかはわからないけど理論はこうだ、という本よりも、
実際にこの理論で予想が当たった、という説明はとても説得力があり、

またそれが「とにかくチャートを見るだけ」を基本としているところは、初心者の私でもとりかかれそうに感じ、意欲が増した。
早速真似をしてチャートを見ようと思う人が多いのではないだろうか。




日本実業出版社の他の本
  図解でわかる不動産金融ビジネスのすべて
  図解でわかる線型代数 ベクトル、行列の計算から写像、固有値、対角化まで
  よくわかる介護・福祉業界 業界の最新常識
  鉄道の歴史がわかる事典 読む・知る・愉しむ


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料