日本のゆくえアジアのゆくえ

日本実業出版社

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

日本実業出版社の本

日本実業出版社の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

日本のゆくえアジアのゆくえ

日本のゆくえアジアのゆくえ ISBN:4534038054
出版社:日本実業出版社
Author:広瀬 隆 
Media:単行本
価格:1,680




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
日本の行方は危ういか?アジアも一緒に危ういか?広瀬隆氏にしては切込みが浅い様な気がする。著作に一貫しているのは彼の怒りと憂いではないかと思う。
前半中国関連では消費経済の爆発について、資源の枯渇を憂いてはいるがその歴史的背景にはあまり深入りしない。その一方米国のBSE問題では米国食肉業界の裏側まで筆をすすめるが、日本の牛肉偽装問題にはそれほど触れてはいない。彼はそれを利権の構図と呼んでいるが本当の悪はその利権のマグマによって威厳を誇っているのではないか。
後半燃料電池(著者は、発電と言うべきとしているが)の記述では手放しで喜んで企業名まで登場させているが果たしてその燃料電池開発に利権はないのかと疑ってしまう。いずれにしてもこれと併せてレスターサロー「知的資本主義」の記述とダブってしまう。もっとも、新聞やマスコミの裏情報的背景を見るに面白い。時事問題を解く電車読み物。緻密な分析だが一点突破の危うさも広瀬隆による、これからの日本、これからのアジアを論じた好著である。実在のデータにもとづく緻密な分析は、相変わらず見事と言うほかない。既成の概念に縛られること無く、数字の背後に潜む現実の姿を、独特の筆致で描き出す手腕に引き込まれる。
しかしながら、処方箋としての論述には、燃料電池に対する一方的な思い込みと、郵政事業に対する偏った賞賛が目に付くだけで、深みに欠ける。エネルギー問題に関して言えば、燃料電池や太陽電池だけがソリューションではないし、郵政事業に関して言えば、過疎地での存在感のみに注目した偏向した議論である。旧国鉄がJRに民営化されたことで、交通から取り残された陸の孤島が増えたとの話はほとんど聞かれないし、日本電信電話公社がNTTに民営化されたことで、電話の通じない過疎地が増えたとの話も聞かれない。政策で解決のつく話だと思うのだが。
とはいっても、著者の指摘はずっしりと重みを持って伝わってくるし、日本とアジアのこれからを一貫して総合的に論じた内容は、比類の無い出来栄えである。多くの方に読んでいただくことで、現代の日本人に求められる問題意識は、より深まるだろう。日本人、日本国家の未来への指針憂国の書士、広瀬隆氏渾身の力作、日本の、アジアの、そして世界の現状を憂い、緻密で冷静な分析とロジカルな思考で全世界のあらゆる事件事象から問題をあぶりだし、適切な処方箋を人類に処方する、まさに日本とアジアと世界を救う広瀬隆、最後の処方箋、ここに極まれり。TVメディアによって報道されている、世界に起こる日々奇奇怪怪の事件事故は実は一本の腐食のリングの連鎖によって連なっていた、真の悪党は誰か、日本国民に借金を背負わせたのは誰か、本書を読み込んで読破した時、その真相に驚愕し落胆し怒りに打ち震えるだろう、しかし悲観することはない、しかし同時にそこには一条の救いの光が差し込んでいるだろう、それは広瀬隆というフィルターによる確かな視座によって、あなたが同時代における真理、本質をつかんだ瞬間である、限りある人生において真理、本質をつかむ自らの眼力によって日本の、アジアの、世界の未来の子供たちのために今我々は何を成すべきか、否か、日本人各自に問われている気がした広瀬隆氏の生前遺言となる渾身作です




日本実業出版社の他の本
  <儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方
  失敗しないマンション選び プロが教えるチェックポイント
  めざせ!できるSE
  人前で話すのがコワくない本


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料