「パワーストレス」マネジメント 潜在力を引き出し、「悩み」を「強み」にする科学的手法

PHP研究所

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

PHP研究所の本

PHP研究所の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

「パワーストレス」マネジメント 潜在力を引き出し、「悩み」を「強み」にする科学的手法

「パワーストレス」マネジメント 潜在力を引き出し、「悩み」を「強み」にする科学的手法 ISBN:4569625533
出版社:PHP研究所
Author:小林 惠智 
Media:単行本
価格:1,418




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
ストレスの力を積極的に活用しようではないか!!本書で、ストレスを生きる力に変換する「パワーストレス」と言う考え方を教えて頂きました。

この考え方は、私にとってははじめてで、確かに、「ストレスにはパワーがある」と実感もしていたので、大変、共感できました。

日ごろ、ストレスを強く感じている人。このストレスのパワーをマネジメントし、自身の動機づけに上手に活用しましょう。

著者の大変まじめで優しい性格も伝わって来る良書だと思います。
4行日記の解説もしっかり載っています。「4行日記」を合わせて読もう名作「4行日記」の理論的背景となるパワーストレスマネジメント(PSM)を記した本。

PSMとは、ストレスを回避すべきものとしてではなく、心の成長の源泉と捉え、自分の強みにストレスという梃子を効かせ、良好な心理状態に持っていくことである。

ジム・レーヤーの理論と共通点が多いが相違点もある。レーヤーは、心理状態を刻々と変わる流動的なものと捉えているのに対し、小林FFS理論では、各人の個性として一定の傾向に分類できるものとしている。

いづれにせよ、メンタル面の強化を科学的・体系的にまとめた功績は大きい。




PHP研究所の他の本
  よみがえる武士道
  心理学者は知っている リーダーシップのある人、ない人 部下を持つ人のセルフ・トレーニング
  戦略思考プロフェッショナル 思考モデル+行動モデル
  どうしても、すぐ変わりたい人のための「自分プロデュース」術


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料