怒る技術

PHP研究所

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

PHP研究所の本

PHP研究所の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

怒る技術

怒る技術 ISBN:4569625819
出版社:PHP研究所
Author:中島 義道 
Media:単行本
価格:1,365




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
普通に生活していれば誰でもわかることでは象牙の塔に閉じこもって一度も社会生活を営んだことのないお方に
「怒り」云々を語られても…という気もしたが、それなりに読めました。
確かに、怒りを通じてのコミュニケーションは面白い展開になりますからね。現代世界を生きるための必読書帯の「たとえ間違っていようと、あなたは怒るべきである。」という激しいキャッチコピーから暴力を勧める危ない本であるかと思うかもしれないがそうではない。恐らくこれは、著者が短絡的にしかものを見ない読者を一時選考としてふるいに落とすために設けたものであろう。

実際のこの本は、現代の世界に満ち溢れる、DV、鬱、いつも笑顔の日本人、さらには、イラク情勢、北朝鮮情勢など、人間の怒りという問題が根本に関わっている問題を解決するうえで非常に重要なものとなる内容を含んでいる。

というのも、著者が訴える「理想の怒り」とは、「はじめに」(4項)にも示されているように、キレの良い、瞬発性の、言語中心の非暴力的なものである。そして、怒りの蓄積による爆発的怒り、もしくは、非人間!的状態への墜落などを中心に説くことにより、怒りとのうまい付き合い方を提唱している。

上に挙げたような現状を打破するためには、この本でも提唱されているように、自己規範をきっちり持ち、それに反するものには、怒りを素直に表出できる人物が必要とされる。つまり、上の帯の文には「たとえ周囲が悪を容認しても、自己は、正義を貫け!」といったような意味合いが暗に含まれているということである。

真摯に、人間味を追及する人はぜひ読むべき書物である。




PHP研究所の他の本
  65歳おじさんの英会話勉強が楽しくなる本
  駅名で読む江戸・東京
  銀座ママが教える「できる男」「できない男」の英語術
  「パワーストレス」マネジメント 潜在力を引き出し、「悩み」を「強み」にする科学的手法


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料