藩から読む幕末維新

PHP研究所

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

PHP研究所の本

PHP研究所の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

藩から読む幕末維新

藩から読む幕末維新 ISBN:4569628338
出版社:PHP研究所
Author:武光 誠 
Media:新書
価格:693




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
藩気質への着目はやや強引 本著は、幕末の天保の飢饉の頃から戊辰戦争に至るまでの、興味深くかつ複雑な歴史の動きを、その担い手となった人々の藩気質に着目しつつ、まとめたものである。

 本著は、この時代に起きた歴史的事件についてのわかりやすく、コンパクトな解説書であるという点については、高く評価できると思う。また、新書にしては、図表や写真も多数用いられており、わかりやすい説明に心がける筆者の姿勢が伝わってくる。

 本著では、「藩気質」への着目、という切り口で独自性を出そうとしている。この点について、若干強引な印象を受けなくもないが、経済的・政治思想的要因だけ捕らえきれない点に、歴史を見る面白さというものがあるのだろう。コンパクトな幕末史ガイドブック 明治維新は、西南雄藩による倒幕によって始まった。明治維新をどう評価するにせよ、この点について異論はない。雄藩はなぜ雄藩となり得たのか。そして、雄藩はどうやって倒幕に成功したのか。最も知りたい点は、ここだ。しかし、そこが最もわかりにくい。

 本書は、新撰組についてかなりの頁を割いて記述している。また「人切り以蔵」こと岡田以蔵についても触れている。桜田門外の変の影響力についても「幕府の権威の低下」ではなく「大老であっても天皇の意向に背けば人々の反感を受けて殺される」と具体的だ。また、大政奉還をめぐる幕府・朝廷・雄藩の思惑をまとめた図解は秀逸。そのセンスは優秀な受験参考書を思わせる。

 おもしろく、かつコンパクトに幕末史をまとめたガイドブックとして成!している。ただ、藩気質に注目することによって幕末史を整理しようとする発想は、血液型による人物の類型化のようで抵抗を感じた。




PHP研究所の他の本
  上海
  みんなの漢字教室
  人間を幸福にする経済 豊かさの革命
  ストレス知らずの対話術


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料