P2Mプロジェクト&プログラムマネジメント標準ガイドブック〈上巻〉プログラムマネジメント編

PHP研究所

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

PHP研究所の本

PHP研究所の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

P2Mプロジェクト&プログラムマネジメント標準ガイドブック〈上巻〉プログラムマネジメント編

P2Mプロジェクト&プログラムマネジメント標準ガイドブック〈上巻〉プログラムマネジメント編 ISBN:4569628370
出版社:PHP研究所
Author:小原 重信 プロジェクトマネジメント資格認定センター 
Media:単行本
価格:1,260




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
駄作!これほどひどい本も珍しい。プロジェクトとプログラムは違う、という理念は良いと思って買ったが、期待を裏切られたなどというものではない。延々と言葉のお遊び(定義と称しているが)が続き、では何をするのか、が全く書かれていない。星1つでも過大評価である。世界に先駆けて「プログラム」をあつかった書プロジェクトマネジメントの資格としては、米国のPMBOKが有名である。P2Mはいわば日本版PMBOKともいえる内容だが、明らかな相違点は、「プログラムマネジメント」を世界でもはじめて体系化した点にある。
プログラムとは、いくつかのプロジェクトのまとまりである。P2Mの真の目的は、プロジェクトをバラバラに管理するのではなく、統合的に管理することによって、戦略とプロジェクトをしっかりと結びつけることである。そのために、P2Mでは、戦略→プログラム→プロジェクトという、戦略をプロジェクトへと展開するユニークなフレームワークを示している。
端的にいえば、PMBOKが一つひとつのプロジェクトの単純な遂行(部分最適)に焦点を当てているのに対し、P2Mはすべてのプロジェクトから得られる成果を戦略の視点から見てまとめ上げること(全体最適)に焦点を当てている。ここで、戦略とプロジェクトを結びつける概念が、プログラムというわけである。
プログラムマネジメントは、6つのステップからなる。?ミッション・戦略の定義→?プログラムの定義→?プロジェクトの定義→?情報の共有→?実行・モニタリング→?環境変化への対応。
プログラムマネジメントのフレームワークは、現在も研究が進められている。その成果の第1弾として、バランス・スコアカードとの統合がある。そちらにも興味がある方には「プロジェクト・バランス・スコアカード」をお勧めする。プロジェクトマネジャーに限らず広く経営者管理者にお勧め日本発のプロジェクトマネジメント知識体系の標準ガイドブックです。PMS
(プロジェクトマネジメントスペシャリスト)試験対策として通読するのは
勿論として、広くマネジメント全般の知識を整理して更に深めるのにもお勧
めです。PMBOKに比べてP2Mはわかりにくいという話も良く聞きますが、読み

返す度に新たな発見があり含蓄がある本です。特にプログラムマネジメントの箇所は世界的にみても非常にユニークだそうです。上巻と下巻を併せて読むのはかなり骨が折れ、また時間がかかります。PMS試験対策として私の経験としては、試験問題も本書の内容が中心ではありますが、本書にない内容

も出題されていました。合格するには経営やエンジニアリングのある種の基
本的センスや物の考え方も求められているような気がしました。




PHP研究所の他の本
  「勝負強さ」の探求 “いざ本番”に強くなる!
  知って安心!介護の知恵袋
  愛犬を賢く育てる「魔法のクリッカー」 中高年のための犬の飼い方・しつけ方
  藩から読む幕末維新


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料