「儲け」を生みだす「悦び」の方程式 見える人にしか見えない商売繁盛の「仕組み」とは

PHP研究所

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

PHP研究所の本

PHP研究所の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

「儲け」を生みだす「悦び」の方程式 見える人にしか見えない商売繁盛の「仕組み」とは

「儲け」を生みだす「悦び」の方程式  見える人にしか見えない商売繁盛の「仕組み」とは ISBN:4569628826
出版社:PHP研究所
Author:小阪 裕司 
Media:単行本
価格:1,470




amazonで購入する amazonで購入する




レビュー
お客に「悦び」を提供することで、儲けへとつなげる方法を具体的に示した小阪裕司の新刊 『「儲け」を生みだす「悦び」の方程式』。見込み客を上得意客にするコツ、客単価を上げるコツ、リピーターを増やすコツなどが、さらりとした読みやすい文章で描かれている。

 ビジネス・経済・キャリア へ




カスタマーレビュー
ちょっと読みにくいが・・・小阪氏の著書の内容にはいつも感心させられます。
が、ちょっと文章が読みづらいところがあるように思えるのは私だけでしょうか?

セミナー等で実際にお話をお聞きするときはすごく分かりやすいのですが、文章で読むと言い回しが難しく感じます。

でも内容はいつもながら感心させられる内容でした。納得納得の内容初めて小阪先生の本を読みました。
この本の中で著者が言っていること納得です。最近の消費者は、同じモノを比べてお金を使うのではなく、ライフスタイルの中でお金を使います。自分の商品が、突拍子もないものと比較されていることには、売り手はなかなか気づきません。まずは、自分の商品のライバルを知ることは必須です。

そして、いかにお客様を悦ばせるか、そういう仕組みをいかに会社の中につくっていくかということが重要だと気づきました。
正直、同業の人には買って欲しくないですね。小手先のテクニックではないもっと根本的なことそれでいて、意外と忘れてしまいがちなことに気づかせてくれる本格的なビジネス書です。

読み物としても面白くすらっと読めるように工夫されています。

書物とは自分の思想を他者に伝えるためにあるという当たり前のことが分かっていないビジネス書が多いように思えますが、その点、小阪氏の文体はビジネス書とエンターテイメントが上手く融合していて大変に読みやすくなっています。

21世紀初頭から、世界の資本主義はアメリカ主導の、「破壊する資本主義」、他人の生命、財産、悲しみと憎しみを踏み台にして自らの利益を得る資本主義という方向に向かっています。

資本主義社会に生きるものとして、小阪氏の主張する他人の悦びを動力にして儲けを生みだす世界を目指す資本主義社会が到来することを願ってやみません。

そう考えると、本書がなにやら思想、哲学の本のようにさえ感じられます。それだけ深い内容ということでしょうか。

他人の悦びを動力にして儲けを生みだすという哲学を持った商人が一人でも多く増えることによってのみ、日本経済は健全な発展を続けていくことが出来るのではないでしょうか。

是非、一読をおすすめします。



amazonで購入する amazonで購入する



PHP研究所の他の本
  儲かる会社は「在庫管理」がうまい!
  これからの「知的財産」徹底活用法 PHPビジネス選書
  試験に勝つしくみ 大学受験や資格試験にめっぽう強くなる!
  会社を不祥事から守る法律知識 コンプライアンス経営のすすめ


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料