騙しのカラクリ

PHP研究所

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

PHP研究所の本

PHP研究所の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

騙しのカラクリ

騙しのカラクリ ISBN:4569629636
出版社:PHP研究所
Author:横田 濱夫 
Media:単行本(ソフトカバー)
価格:1,260




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
悪徳商法…巧みですね。 小説形式で、
著者の体験を含めて9つの悪徳商法が載っています。
 話の終わりに反省点と予防策がまとめてあり
先の小説を振りかえり「なるほど」と理解が深くなります。

 小説がどれもとても面白く、
一気に読みました。
 「自己啓発セミナー」以外は、
人生の破綻まではいかないので
騙されてしまう暗い話なのに、

軽く読み飛ばせて、読後感がさわやかです。

 これなら、子どもや身内に説教代わりに渡しても
うるさがられずに、読んでもらえそうです。

 しかし実際、これをやられたら、私はだまされそうです。
 読んでよかった!詐欺のテクニックを、ショート・ストーリー形式で紹介しています。タチの悪い詐欺めいた商法が、社会問題になっています。
会社や団体の名称から判断して、「これは、ヤバソウ」とスグに分かる商品もありますが、そういった、危ない商品を売りつける手口をアタマの中で整理しておくのも悪くないなと思い、本書を購入しました。

燃えるわけの無いリンゴ・ジュースを、本気で燃えると信じ込むオジサンや、ハイリスクの投資信託を、口車に乗って大金をはたいて買ってしまうオバサンに、将来ならないように注意したいものです。
自分が経験した詐欺のテクニックでは、病気でもないのに、医者が健康保険の適用外の60万円程度の治療を、しつこく勧誘したケースがあります。

「おかしい」と思い、別の病院に行ったら、思ったとおり、何ともありませんでした。
昨日まで信頼のおけた先生も、組織のノルマを課せられて、いつ、人格が変わるかもしれません。
なお、読者の希望としては、この本の次は、横田さんに、危ない金融商品の見分け方について、平易に解説した本を書いて欲しいと思いました。騙されないために.....騙されてから、では後手になる!!!!
読後、ほっとする人が多いんじゃないかと思います。
ですがしかし、
笑って読めない人も少なくないような気がしてしまう本、ですね。
続編は『騙されないカラクリ』をぜひぜひ!!!!




PHP研究所の他の本
  「哀しみ」を語りつぐ日本人
  [壺阪式]超シンプル仕事術 「簡単なこと」を繰り返すだけで、仕事の達人になれる!
  ブラック・ジャックはどこにいる? ここまで明かす医療の真実と名医の条件
  少しだけイングリッシュ・スタイルな暮らし


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料