砂の文明・石の文明・泥の文明

PHP研究所

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

PHP研究所の本

PHP研究所の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

砂の文明・石の文明・泥の文明

砂の文明・石の文明・泥の文明 ISBN:4569629784
出版社:PHP研究所
Author:松本 健一 
Media:新書
価格:735




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
ユニークで説得力ある文明論 世界に「砂の文明」「石の文明」「泥の文明」があり、それぞれが特徴的であるという文明論は、ユニークで大変説得力がある。
 ただ惜しむらくは、著者が「あとがき」で書いているように、大急ぎで著述がなされ、充分な推敲の時間が無かったらしいことが読者に感じられる。あまり読み易く書かれているとは言い難い。

 しかし独自の論旨は明快であり、目から鱗が落ちる思いの読者も多いはずだ。欧米文明のアンティテーゼとしてガンジーの思想に著者が寄せる期待も示唆に富む。読みやすい文明論砂というのは、アラブ、イスラム今日の栄えた砂漠地帯の文明で、自ら生産活動ができないために、ネットワークを利用した交易が生まれた。バクダッドなどはその折のオアシスの一つだった。

石はヨーロッパに代表されるような、表土が薄く畑作をしようにも、すぐに岩盤に当たってしまう土地に栄えた文明。そういう地では農業の生産性は上がらないために、放牧や、それに手を加えるために自然科学や、輸送などの技術が進んだ。

泥の文明というのは、日本を始めとするインド、中国などの東アジアで、水田や、湿地、雨林などが多く、恵みを与えてくれる天を神とみなし、共同体的作業や技術革新といったことが得意である。

うまくまとめています。これまで読んだいろいろな文明論をすっきり整理できたような気がします。日本人論も納得です。ただし、系統だった専門的論文ではなく、どちらかというとエッセーのようなものです。その分読みやすくなっています。みんなで議論するためのテキストに最適だと思うヨーロッパ=石、アラブ=砂、アジア=泥。それぞれの文明の違いを著者の言葉でわかりやすく述べている。また、文化と文明の違いについての考察も興味深い。文化=民族の生きる形、すなわちそれぞれの民族が固有に持っている個性的な暮らし方であり、伝統であり、風習にほかならないという。

一方、文明とは何か。普遍的なものであり、非常に使いやすいものだという。それゆえにグローバルに浸透していく。普遍的なゆえに必ず滅びていく、つまり新たな普遍的なものに取って代わられるということになる。全く同感である。

著者の教養がにじみ出ている書であり、特に泥の文明の記述は、さらに詳細に知りたいという欲求を生じさせる。編集者がインドへ旅立ってしまったのも、さもありなんと思う。

あと一つ知りたいのはアメリカとヨーロッパの関係である。単純に石の文明がアメリカに持ち込まれ、外へ進出する力がアメリカで働きつづけているとすると、今のヨーロッパは過去から変化しているようにも見える。また、本当にアメリカは石の文明が移植されたものなのか、アメリカという土壌を得て別の文明と考えるべきではなのか。検証してみたい事柄である。




PHP研究所の他の本
  文学の風景をゆく カメラ紀行
  「本間さま」の経済再生の法則 欲を捨てよ、利益はおのずとついてくる
  ニュウニュウ 18カ月で娘を喪った哲学者の至上の愛
  腹の据え方


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料