われわれは、いかにして世界一になったか? ロレアル 最も大きく、最も国際的な会社の成功物語

PHP研究所

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

PHP研究所の本

PHP研究所の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

われわれは、いかにして世界一になったか? ロレアル 最も大きく、最も国際的な会社の成功物語

われわれは、いかにして世界一になったか? ロレアル 最も大きく、最も国際的な会社の成功物語 ISBN:4569630650
出版社:PHP研究所
Author:フランソワ・ダル 藤野 邦夫 
Media:単行本
価格:1,575




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
良くも悪くも、あくまでも回顧録。ただし稀少! 化粧品業界における世界ナンバーワン企業ロレアルの黎明期から世界最大に至までの道のりを記した本。

 著者は、元CEOのフランソワ・ダル氏。ロレアルをフランスのローカルな毛染め剤メーカーから世界的企業へと成長させた有能な経営者として知られている辣腕経営者である。その氏が、ロレアルのグループ企業であるセッケンメーカーに就職した1942年から、同社が展開してきたマーケティング、広告、商品開発、基礎研究、世界戦略などについて語られている。

 ただ、さる講演会の内容をまとめた回顧録という性格から、表面を浅く撫でただけという印象は否めない。
 テーマはとても膨大であるが、ボリュームも少なく心もとない。あくまでも回顧録である。

 半世紀の濃厚な内容を期待していただけにイマイチ物足りなかった。この3倍くらいのボリュームでもっともっと、商品哲学について、その哲学を浸透させるために何をしてきたのか、マーケティング展開について、深く語って欲しかった。
 ただロレアルについて語られている資料が日本で少ないだけに希少な本であることは間違いない。初めての日本語訳されたロレアル本1)化粧品業界で世界No.1にも関わらず、ロレアルに関する情報量が少なく(資生堂が国内では強いからでしょう)、化粧品会社ないしコンサルタントはベンチマーキングしたいにもできなかったが、この本のおかげで企業発展の歴史の概要をつかめることができる。

2)ただし、情報が古いので現CEOのオーウェンジョーンズからの2桁成長の詳細(特に海外展開とM&Aによる成長戦略)の詳細について書かれておらず、昔話になっている感がある。

3)ハーバードビジネススクールのL'Oreal market entryに関するケーススタディと一緒に読むと、なお良いと思います。




PHP研究所の他の本
  Portrait of a Love Song ワン・リーホン写真詩集
  人生を変える笑顔のつくり方 絶対、運が開ける笑顔セラピー
  いつも笑顔で
  映画を観ながら成功する方法 ヒーローに学ぶ48の具体例


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料