人口減少 日本はこう変わる

PHPソフトウェアグループ

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

PHPソフトウェアグループの本

PHPソフトウェアグループの他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

人口減少 日本はこう変わる

人口減少 日本はこう変わる ISBN:4569631347
出版社:PHPソフトウェアグループ
Author:古田 隆彦 
Media:単行本
価格:1,575




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
知的実験を楽しみましょう著者はかなりヘソ曲がりのようですから、この本の評価も大きくブレるでしょうね。
学校で習ったことやマスコミのいうことをそのまま信じる、真面目な常識派にとっては、こうした文体は鼻持ちならないものだと思います。
だけど、著者の偽悪者ぶりに一旦ハマルと、これはもうカイカーン・・・というしかありません。

「少子・高齢化で人口は減らない」とか「人口が減るのは人口容量の限界のためだ」とか、これまでの常識や正論が次々にひっくりかえされる快感はこたえようもありません。
この知的実験を楽しまないのは損だと思いますね。こじつけ(?)人口波動と云うコンセプトをタイトルに持ってこなかったことは成功だ。冒頭から何度も繰り返されるこの言葉の持つ一種の胡散臭さ(カルトっぽい?)がタイトルになっていたらおそらく手に取ることはなかったであろう。

マクロ的な現象を裏付けるため、著者がセレクトしたディティールの組み立て方ひとつひとつには「ごもっとも」と共感出来たり「なるほどうまい」と思うこともあるにはあったが全体として「こじつけ」ではと思われる面の方が多く感じられた。

但し、とかく年金とかそっち方面に行ってしまいがちなテーマを全く新しいアプローチで捉えており興味深く読ませていただいた。人口減少社会は、見方によってプラスにもマイナスにもなる この著者の前著『人口減少社会のマーケティング』を読んで、人口減少に対するイメージが大きく変わったと思っていたところへ、またまた本書が出た。

 本書では、前著の視点をさらに押し進め、21世紀の世界と日本が向かいつつある人口減少社会の全体像を幅広く展望している。これまでの人口減少論が、人口学、経済学、社会学など、特定の視点からの議論であったのに対して、本書の特徴は生態学、文明学、歴史学など、より本質的、より基礎的な視点から考察していることだ。

 人口減少社会というと、既存の常識にとらわれすぎて、ともすれば悲観的な展望に陥る場合が多いが、「社会現象は見方によってプラスにもマイナスにもなる」と本書は主張する。社会が大きく変化する時代には、確かにこうした!点が貴重だと思う。

 二冊の本を読むと、「人口波動説」というマクロな視点と、「マンダラ・マーケティング」というミクロな視点を自在にクロスして、未来を読み取ろうとする著者の斬新な発想がよくわかる。そうした自由な思考につきあうのは、大変な快感である。




PHPソフトウェアグループの他の本
  英語 一言で言い返す法 そう言われたら こう言おう!
  マザー・テレサ 愛の花束 身近な小さなことに誠実に、親切に
  「できない」「やれない」と考えてしまうあなたへ
  あたし天使あなた悪魔 やっとこ幼稚園編


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料