アメリカ軍が日本からいなくなる 「金正日」後の世界

PHP研究所

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

PHP研究所の本

PHP研究所の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

アメリカ軍が日本からいなくなる 「金正日」後の世界

アメリカ軍が日本からいなくなる 「金正日」後の世界 ISBN:4569632440
出版社:PHP研究所
Author:日高 義樹 
Media:単行本
価格:1,365




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
政治の重要さが増すけどこの著作は
北朝鮮の脅威がなくなったら米軍は極東にいる必要がなくなるので
日本周辺から米軍がいなくなる可能性があると述べています。

そうなった場合は
国の安全保障は日本が自らの手で行わなければなりません。

あと21世紀では地球の人口は増えるのでその結果
石油と資源の争奪戦も激しくなるみたいで
他国と軍事衝突の可能性が高まります。

アメリカが軍事的に助けてくれなくなるとき
日本はどうするのか
今から考えておかないと酷い事になります。

必然的に日本は独自の外交戦略や軍事力が必要になりますので
政治の重要さが増しますが
今の日本に優秀な政治家がいないのが悲劇です。

日本の21世紀は冬の時代だと覚悟をする必要があります。フセインで拘束で・・・今読むべきだと思う。フセイン拘束のNEWSを実感しながら、本を読み過去を知り、近い将来を想像してみる。政治に興味を持ち始めてからいくつかの疑問があった。本を読み、想像することでなんとなく疑問が晴れてきたような気がする。また、物事を常に多方面から見る必要性が重要であることを学んだ。おそらく、米国主義に偏重しているとみる人も多いだろうが、われわれが普通に得る情報こそに偏りがあることは、何となくわかっていたはず。著者の推論には根拠があり、納得度も高い。意見が違う問題も多々あるが、あって当然。身近で議論が難しい内容だが、十分に楽しめた。次の作品を読むときまでに、国際問題のNEWSをより面白く見聞しておこうと思う。今、注視していきたい人アメリカの共和党にパイプがある。
米国の政権とパイプがある。
アメリカの首脳部が何をやろうとしているのか、よく知っている。
そのため、この人の発言する内容には今後の将来を予測する上で重要な事項が多く含まれる。

たとえば、こういった内容である。
1.金正日は中国によって暗殺される可能性があること。

2.北朝鮮問題について、アメリカは中国に下駄を預けていること。
3.アメリカと中国は、互いに良好な関係を続ける意志があること。
4.台湾の独立などによる米中両者の火種はなるべく避けようとすること。

 昔ならば、何かにつけて米国を中傷していた中国も、今は経済発展に忙しい。
 ちょっと前には、戦闘機同士のにらみ合いもあった。

 もうそんなことは起きない。

 北朝鮮の核問題は、中国にとっても目障りである。
 北朝鮮の核問題は、北朝鮮が放棄してそれで話は終わる。
 
 北朝鮮が欲しいと考える国はない。
 韓国でさえ、合併がイヤで太陽政策をとっている。
 北朝鮮の考えることは政権維持のみ。他国を攻める意志はない。

 北朝鮮の核問題は、北朝鮮が核を放棄して、すこしの経済援助を与えられ、それで話は終わる。

 
 オリンピックを人質にとった、台湾の独立もかなわない。
 しかし、がっかりすることもない。従来のような無理な併合もないのだから。
 台湾問題は現状維持のまま。

 今は、注視していきたい人である。

 世界におけるアメリカの主導力が特に強い今は、日高氏に耳を傾けておいた方がよい。

 この本の評価は、★★★★★「すぐに購入して、よく読もう」をつけます。




PHP研究所の他の本
  松下電器「V字回復」の本質 組織はいかにすれば生まれ変わるか
  デジタル教材の使い方・活かし方 3年後の授業はこう変わる!
  生きがいのネットワーク
  「技術者力」の高め方 戦略思考で研究開発・製品開発が変わる!


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料