競馬の経営学 夢とロマンを取り戻すためのシナリオ

PHP研究所

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

PHP研究所の本

PHP研究所の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

競馬の経営学 夢とロマンを取り戻すためのシナリオ

競馬の経営学 夢とロマンを取り戻すためのシナリオ ISBN:4569632882
出版社:PHP研究所
Author:堀 紘一 
Media:単行本
価格:1,470




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
体系的なものが見えてこないサンケイスポーツ紙にコラムとして連載されていたものをまとめたもの。主に、JRAを始めとした競馬関係者への提言が綴られており、一般ファンにはわかりにくい問題点の指摘なども興味深い。ただ、一方で連載コラムの宿命なのだろうが、全体としてどうすれば良いのか、という体系的なものが見えてこないのが残念。個々の指摘には賛成できるものが多いが(勿論、異論もある)、数多くの提言の中の優先順位などがまとめられていないために、結果としてどうしても「言いたいことを言っただけ」という印象がしてしまった。夢もロマンも馬主の視点ならでは。作者の馬主としてのこだわりはとてもよくわかるが
やはり馬主としての視点にこだわりすぎ、競馬の一ファンとしては
独りよがりな点が多いことに読んでいて気づく。

作者はメディアの露出も多い人物であるが、
競馬は馬主ではなくファンに支えられているのであるという事実を
理解できていない発言が目立つ。

グリーンチャンネルの進行の話などはその典型な例であり、馬主が
競馬を見たらこう見える、というものでしかない。
競馬を支えているのは、普通に馬券を買うファンであり、
馬主の夢やロマンでは競馬を取り戻すことはできない。

競馬ファンとして、馬主とはこういう人種なのだ、という事実を
知る上でも貴重な資料と言えるとは思うが、馬主がこんな事を

考えているのかと思うと、今の競馬を憂う者としてはなんとも残念である。
普通のロマンや夢を期待して買うのはお勧めできない。競馬界に対するコンサルティングでしたさすが名コンサルティング会社BCG出身の堀さんでした。競馬界に対しての数多くの提言が読めて、大いに参考になりました。私自身の競馬に対する見方に違った視点を与えてくれました。JRAに対する提言、馬主であり、また一人のファンとしての提言が良かったです。「社台グループの社内運動会」というせりふは名言だと思いました。




PHP研究所の他の本
  ライオンボーイ 消えた両親の謎
  図解で入門!よくわかる貿易の実務 輸出・輸入のしくみから書類手続きまで
  知ってビックリ!図解「関東」と「関西」こんなに違う
  もっと早く受けてみたかった「マーケティングの授業」 市場がわかる!顧客がわかる!これからの販売戦略が見えてくる!


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料