楊家将〈上〉

PHP研究所

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

PHP研究所の本

PHP研究所の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

楊家将〈上〉

楊家将〈上〉 ISBN:4569632904
出版社:PHP研究所
Author:北方 謙三 
Media:単行本
価格:1,680




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
戦う男の生きざまが、ここに! 楊家将。宋の時代の初めに中国北部で、契丹族の「遼」との戦いで活躍した楊一族の物語である。描かれている時代は、西暦にして九七〇年?九八〇年のころであろうか。

 「楊家将」というのは中国では「三国志」「水滸伝」と並び称されるほど人気ある物語であるという。史実をもとに後世の人が様々な脚色をつけて「楊家将演義」「北宋志伝」という書物に描かれている。ただ専門家によれば、これらの小説のデキがイマイチで、小説よりも「京劇」で人気を博し有名になったようである。書物が不人気だったために日本では、あまり知られておらず、邦訳された「楊家将」の小説としては、この北方版が初めてであるという。
 「楊家将演義」では、主人公・楊業から数世代に渡って物語は続くが、本書で描かれているのは第1世代、第2世代までである。

 北方が描いた「三国志」や「水滸伝」を読んだ人なら、お分かりと思うが、北方の歴史小説が面白いのは「男の生き様の描き方」「戦闘、とくに騎馬軍団を使った戦闘シーンのリアルさ」ではないだろうか。もちろん本書でも、その特徴はいかんなく出ている。

 生粋の軍人である楊業は、戦で功を立てられればそれでいいという、まっすぐな男だ。北漢が宋に征服される前に、宋に帰順した。宋では外様だった。それが、宋王朝の文官たちや、昔からの宋の軍人たちからは妬まれた。宋は兵士の数では勝るが弱兵ばかり。対する遼は、騎馬民族だけあって強兵ぞろいだ。遼は楊家の軍勢だけを恐れていた。

 そうした中で楊業以下7人の息子をはじめとする楊家軍は、最前線で遼の強兵と戦う。
 とくに騎兵戦を特異とする遼随一の名将「白き狼」耶律休哥との戦いは、手に汗握る駆け引きである。
 千年前の中国にタイムスリップしたかのように、生き生きと戦う男たちと出会える一書である。もう少し深く北方謙三さんの作品では「水滸伝」が好きで良く読んでいます。
その延長でこの本を購入して読んだのですが、「水滸伝」のような
それぞれの登場人物が魅力的に描かれている物語を期待していたせいか、
多少人物の描写が簡単に思えてしまいました。
もう少し深く登場人物の掘り下げが欲しかったかなと思います。主役はだれなのか?全員が魅力的時代は10世紀、西暦950年位でしょうか?
中国は宋が中原を統一して、遼と争っている時代です。

楊家の当主「楊業」と7人の息子(一郎?七郎)の楊家のお話。
7人の息子の殆んどが母が異なるせいか、息子の性格はそれぞれ。
でも親父の楊業の血は濃く、みな惚れ惚れするような戦上手。
場面ごとに主役が、楊業、7人の息子、遼国の武将、文官、帝と

入れ替わり、魅力的な人物達にぐいぐい引き込まれていきます。

戦闘場面も歴史小説の枠を超えて、スピード感溢れています。
「騎馬民族」である遼に対抗するために構成した楊家の「騎馬隊」
その騎馬同士の戦闘シーンの描写は、手に汗握ります。

水滸伝の合間に一読されても損はしない。それどころか水滸伝の
魅力を再確認できると思います。




PHP研究所の他の本
  京都見廻組
  競馬の経営学 夢とロマンを取り戻すためのシナリオ
  ライオンボーイ 消えた両親の謎
  図解で入門!よくわかる貿易の実務 輸出・輸入のしくみから書類手続きまで


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料