MBA娘殺人事件

PHP研究所

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

PHP研究所の本

PHP研究所の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

MBA娘殺人事件

MBA娘殺人事件 ISBN:4569633412
出版社:PHP研究所
Author:山本 御稔 
Media:単行本
価格:1,365




amazonで購入する amazonで購入する




レビュー
   ミステリー仕立てでMBAのプログラムのさわりを体感できるというのが、本書のおもしろいところである。舞台は、シカゴ大学のビジネススクール。日本人留学生の3人組と米国人の学生とが、「ブリッジプログラム」と呼ばれるトレーニングで地元企業のコンサルティングをすることから、大きな犯罪に巻き込まれていくというストーリーだ。

   ブリッジプログラムとは、シカゴ大学ビジネススクールの看板となっている人気のプログラムなのだという。大学の卒業生が経営している会社を中心に、シカゴ周辺の優良企業をリストアップし、グループでその会社の問題点の改善に取り組むという、実地に役立ちそうなプログラムだ。このようなトレーニングの様子を描きつつ、学生同士の会話や授業の様子などを織り交ぜながら、ビジネススクールではどのようなことを、どんな雰囲気で学んでいくのかがかいま見える仕掛けとなっている。

   また本書の欄外には、シカゴ周辺の様子や、スクールのこぼれ話のような脚注が入っている。シカゴ大学のビジネススクールに通ったと思われる著者ならではの脚注には、くすっと笑えるユニークさがある。

   ミステリーとしてはなんとなく先が読めてしまう内容であるが、全く関係のないものがのちのち大きな鍵を握ることになったり、思いがけないどんでん返しがあったりと、展開の上手さが引き立っている。一気に読み通すことができるので、「MBAって、誰がどんなことを勉強しているの?」という素朴な疑問を解消するのに有用だ。(朝倉真弓)



カスタマーレビュー
経済小説?文章がうまく、読み物としては面白いが、小説というには、社会性が必要ではないでしょうか。牛島さんとか、倉橋さんとか、白石さんとか。
日経ビジネスで紹介されていた倉橋康介?の「卑劣」というのは生々しかったが、社会性も、小説としての面白さもあった。たとえば、MBAを持っているから鼻の高い人々への批判などもあって欲しい。意外と面白かった♪友人に薦められて読んだのですが、MBAの「推理小説風解説本」位
に思っていたのに、期待以上の面白さ!!!
冬場だし足浴しながら一日一項ずつノンビリ読もうと思っていたのに
・・・三日(本来なら9日)で読み終わっちゃいました(笑)
だって続きが気になっちゃって。
自分では読まないジャンルの本だけに、薦めてくれた友人に感謝!1冊でマルチに楽しめる超お勧め本です!MBAなんて難しくて訳わかんない、無縁だなあ、と今までは思っていましたが、会話中心のライブ仕立てかつ専門用語もわかりやすく解説しているため、読み始めると難なく引き込まれ、軽快なペースで読みすすめることができます。そして、気づくと自分もMBA Candidateになりきっていました。主人公葵のポジティブでサバサバした性格が気持ちよく、一見難解な内容も軽快になっています。また、MBAに興味なくとも、経済・会計のホットな話題の解説書として、アメリカの文化やシカゴのガイドブックとして、ミステリーとしてetc.、色々な角度から読むことができます。さらに脚注には著者の私見とちょっぴりの偏見を交えた解説が、時には写真とともに掲載されており、これを見ているだけみているだけでも面白いです。1冊でマルチに楽しめる超おすすめ本です。



amazonで購入する amazonで購入する



PHP研究所の他の本
  市場(スーク)の中の女の子
  桶狭間 信長の深謀・義元の誤算
  日本海海戦 かく勝てり
  天才営業マンの教え いつのまにかお客さんが増える82の秘訣


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料