もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法

PHP研究所

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

PHP研究所の本

PHP研究所の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法

もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法 ISBN:4569633595
出版社:PHP研究所
Author:古谷 昇 
Media:単行本
価格:1,365




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
超優秀な人の暗黙知著者の古谷氏は、元BCGシニアヴァイスプレジデント、現ドリームインキュベータ取締役。本書は古谷氏の暗黙知的メモをまとめたような本である。彼の思考方法をトレースするような感覚が得られて、とてもおもしろい。

タイトルを見ると仕事術のノウハウ集に見えるが、内容はきれいに整理されたものというより、むしろ著者が気づいたことをそのまま彼の言葉で書いていると印象を受ける。実はそこが本書のいい所なのである。ノウハウを体系立てて説明するなら、おそらくだれが書いても変わらない。しかし、本書では超がつくほど優秀なコンサルタントの「気づき」が公開されており、教科書的な本から得られない、生の声を聞くことができる。同じ内容を焼き直した本が多いからこそ、本書は読む価値があるといえる。これを読んでも仕事ができるようにはならないかもしれない、しかし...もともと仕事ができる人にとっては戒めになる指摘が多いのではないか。
いかにもキレ者然とした物腰は人間関係の邪魔であって、それは結局ビジネスの邪魔になるのだ、など。
優れた頭脳とすばらしい学歴を持ちながら壁にぶつかっている人は、サッと読んでみるとよいだろう。
残念ながら、私にはまだ早い本だったようだ...とび箱を跳び越えられるかももっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげるには「コツをつかめ!」と著者は述べる。ここで肝心なのは「コツをつかむ(=自ら体得する)」ことであって、「他人からノウハウを知らされることではない」というのが重要なメッセージである。平易な文章で書かれている本書はそのコツをつかむヒントを提供してくれるに過ぎないが、(私を含めて)多くのコンサルタント達が語る詳細な仕事術や戦略を理解したつもりでも使えないと嘆いている者にとっては、それが目から鱗の内容ばかり。ぜひ、入社して間もない若い人たちに読んでもらいたい。時間の無駄を省き、とび箱を跳べるようになるから!(この意味は読めばわかる!)




PHP研究所の他の本
  なぜ「ただの水」が売れるのか 嗜好品の文化論
  「生命(いのち)を守る家」のつくり方
  HP(ヒューレット・パッカード)クラッシュ 「理想の企業」を揺るがした1億ドルの暗闘
  銀座「ふたご屋」すずなりの法則 売りたいお客様に営業してはいけません


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料