そら色の窓

PHP研究所

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

PHP研究所の本

PHP研究所の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

そら色の窓

そら色の窓 ISBN:4569634397
出版社:PHP研究所
Author:佐々木 美穂 
Media:単行本
価格:1,365




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
佐々木さんの雰囲気が伝わってきます! 佐々木さんのほんわかした雰囲気や、感じ方などどれをとっても
心地よくて、読み終ったあとにホッとできる一冊です。
最初の本だというのに、力をいれすぎず、自然に普段感じていることが
書かれています。疲れてる時にでも読める本で、私の今いちばんの
お気に入りです。ただ、もう少し文字が多くても良かったかな。。
すぐに読めてしまうので、もっと佐々木さんの言葉が聞きたい!!って
感じです。佐々木さんの上の空わたしは、ペ-ジをゆっくりとめくりながら
佐々木さんの上の空を 思い描いてみました。

だれかのエッセイを読んで 
そういうきもちになったのは はじめてだったので
じぶんでも びっくりしました。

あいだあいだにはさまれる
イラストもコラ-ジュも、うつくしいです。
おもわず目に飛びこんできます。

彼女のh.pで すでに見かけたものが多かったのですが
紙の上に現れたさまが よかった。

自然の中の色も、人と人が重なりあって生まれた色も、
ずっと無意識に探していた色も、
彼女の前に現われたとき、
彼女の色になってしまうんだとおもう。
それを、線やかたちで、強すぎないちからでつなぎとめて
わたしたちに見せてくれているのだとおもう。空の色は毎日違うイラストレーター佐々木美穂さんのエッセイ集。

2003年10月に東京吉祥寺で開かれていた佐々木さんの個展に足を運んだ。
それまで佐々木さんの作品をきちんと観たことがなかったのと、
イラストレーター、という肩書きからイラストの展覧会だと思っていた。
でも「マテリアル」というタイトルのその展覧会は、

紙、布、糸、木、などの様々な色の様々な素材を組み合わせた作品の展覧会で、
こういう表現の仕方があるのだと良い意味で期待を裏切られた。
それは素材一つ一つを掬い上げる探究心、
そしてそれを重ね合わせて新しいものを作るという創造力を感じさせる作品たちだった。
「クウネル」7号に紹介されている佐々木さんのバッグ作りのページを見てまた、

同じようなことを思った。

毎日はどれも違う一日で毎日違った発見がある、とは良く言われることだ。
でも毎日朝早く家を出て仕事をして夜遅く帰ってきて、というような日々の中で、
また逆に自由に使える時間がたくさんある日々の中でも、
毎日を丁寧に生きる、というのは意外に難しいことだと思う。

同じようなことをしていると、それを当たり前だと思ってしまうから。
でも佐々木さんは一つ一つの景色、物の形や色、匂い、感触、
といったものを素直な感覚で受けとめ、
何気なく目の前を通り過ぎてゆくものに特別な印を付け、
またその印を増やしていくことで新しい発見をしている。
この本にはそういう様子が豊富なイラストやコラージュ、

書き下ろされたエッセイで描かれている。

ブックデザインはアリヤマデザインストアの有山達也さんと池田千草さんが担当。
表紙を始めとして全体的にさりげなく澄んだ印象に仕上がっていて、
佐々木さんの作品や文章がすっきりと自然に浮かび上がってくる印象がある。
一気に読むとか毎日読むとかいう感じの本ではないけれど、

枕元に置いたり旅先に持って行ったりしてふとしたときに読み返したくなるような、
毎日にちょっと色を取りもどしたいと思うときに読みたくなるような、
そんなようなちょっといい本だと思う。




PHP研究所の他の本
  天才科学者の不思議なひらめき
  「こころ」と「身体」の法則 伝説的名医シンドラーが遺した知恵
  クリティカル・シンキング練習帳
  親になる技術 Tips for Good Parenting


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料