理想的日本人

PHP研究所

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

PHP研究所の本

PHP研究所の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

理想的日本人

理想的日本人 ISBN:4569636454
出版社:PHP研究所
Author:渡部 昇一 
Media:単行本
価格:1,470




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
面白くてためになる、本邦初公開の人物談 著者が選んだ、12人の人物談である。歴史は本来人物談である。だから面白い。戦後、左翼系学者の書いた歴史書は主義主張は別としても、活き活きした人物像が不在で、全然面白くない。封建制とか独占資本とか、人民とかいって抽象的で顔がない。

 本書は聖徳太子から岸信介まで、日本文明の礎を築いた12人の人物談、抜群に面白い。本地垂迹説、心学をからめて、芭蕉の「奥の細道」が、西行の跡をたどる宗教的な旅であった等々、本邦初公開、どこでも読んだことがないユニークな人物談が満載。野間清治も登場するが、面白くてためになるとは、この本の為の言葉でもあろう

 ある著名な宗教家(大川隆法氏)が、著者の過去世として、アメリカの政治家、ベンジャミンフランクリン、徳川家康に三浦按針と共に仕えたヤーンヨースティン、そして伊勢物語の主人公の在原業平の三人の名を挙げている。著者が西洋もの、日本もの、両刀使いである事を考えると、なるほどとうなずける。特に、本書の徳川家康についての洞察は、実際に家康と会った事のあるヤーンヨースティンからのインスピレーションも多分に働いているとすれば、これは誠に興味深い話ではないか。かくのごとく、多くのファンを持つ著者の天才的洞察は、いわゆる「般若の智慧」「般若波羅密多」という事である。ロマンあふれる話ではないか。このように想像力を働かせ、著者の提供する歴史空間に遊んでみてはいかがだろう。




PHP研究所の他の本
  少年犯罪と地下経済 5,000億円のアングラ・マネーの全貌
  学問のすすめ 自分の道を自分で切りひらくために
  1人暮らしの防犯マニュアル
  おなかがへこむ深部筋エクササイズ


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料