ネット<攻撃・クレーム・中傷>の傾向と即決対策

明日香出版社

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

明日香出版社の本

明日香出版社の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

ネット<攻撃・クレーム・中傷>の傾向と即決対策

ネット<攻撃・クレーム・中傷>の傾向と即決対策 ISBN:4756906478
出版社:明日香出版社
Author:田淵 義朗 須賀 明良 
Media:単行本
価格:1,890




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
企業HPの運用担当及び関連の仕事をされている方におすすめですこんな本がもっと前に欲しかった・・・と読んで思いました。
なかなか手をこまねている企業担当者、戦々恐々としながらweb担当をしかたがなくやられている方etc・・・。
一読の本です。具体的な事例をもとにクレームに対処するべく方法が丁寧に説明されています。

できれば、web戦略?とえらそうに言っている企業役員・取締役の方にも是非読んで安易な情報発信などしないよう心がけてほしいものです。だれに向けて書かれた本?いくつかのコミュニティサイトを運営する身として、
掲示板等への攻撃的書き込みに対処するすべを学ぶべく購入したが、
全くの期待外れ。

だれに向けて書いたのかよく分からない。

表題にある内容については、全体の半分程度しか述べられておらず、
残りは
・クラッカーによる攻撃のこわさ
・ウイルスへの対処
・違法コピーは著作権侵害

などについて述べられている。

しかも、本筋のみならず、脇道の部分も、
「そんなの知ってるがな」という
どこかの本からパクってきたような話か、
(実際、「参考」という名の引用が多かった気が…)
「そんなとこまで突っ込まれても}という
いささか冗長な法律的解釈かのどちらかで、
学ぶべき点はほとんどなかった。

なお、図表が豊富で・・・付きやすそうであるが、
その多くは本論と無関係だったり、
本文と重複した蛇足だったりで意味がない。

少しだけフォローするならば、
「何かあったときの企業の対応を示す文面例」が
役に立ちそうなことくらいか。この手の本は今までなかったかも?最近、社員の中でも自分で個人のホームページを立ち上げる人が増えてきました。中には、会社のデータを使う人もいますし、社名を出す人もいます。そこで、社内ルールとして参考にできる本を探していたところこの本に出会いました。中でも中傷、内部告発などを受けたときに取るべき法的対応なんかかが参考になりました。




明日香出版社の他の本
  『メルマガ』成功のルール
  英語で気持ちを伝える CD book
  はじめての英作文
  日本一わかりやすい哲学の教科書


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料