サービスの教科書 利益を生み、幸せになるサービスの作り方

明日香出版社

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

明日香出版社の本

明日香出版社の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

サービスの教科書 利益を生み、幸せになるサービスの作り方

サービスの教科書 利益を生み、幸せになるサービスの作り方 ISBN:4756907199
出版社:明日香出版社
Author:高萩 徳宗 
Media:単行本(ソフトカバー)
価格:1,575




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
これは読みやすくてわかりやすい これまで一貫してイベント業に従事してきましたが、本当のお客様の
喜び、イベントで言えば主催者、参加者の喜びとはどういうことだろうと悩んでおりました。

イベントというのは、まさしくサービス業ですが、この本を読むことで、お客様が喜ぶ、従業員が喜ぶ、
会社が喜ぶ、サービスとはどういうものかを学べた気がします。

カスタマーレビューで、何名かの方がこの本を批判しているコメントが
ありましたが、難しい学者さんの理論よりも、我々のように会社の
最前線でお客様と接しているものとしては、今すぐはじめられる、
手軽に読めてわかりやすい表現の方が重要だと感じます。

また、サービスとマーケティングの違いや売れるサービスの仕組みも

解説されているので、たった一冊の本ですが、マーケティング、セールス、サービスを一環して学べることができました。

これからは、こうしたビジネスの実践から生まれた生の声を簡単に
読める本がよいのではないでしょうか。この本は本当にすごい
本当にすごい本でした。

特に目立ったのが、本中にあるイラスト。
ユーモアセンス抜群で、思わず吹き出してしまうイラストです。

サービスを根幹から教えてくれる一冊です。

サービス業でお仕事をされている人には必見です!インパクトとわかりやすさ。でも・・・流れとしては、石原明氏の「営業マンは断ることを・・・」とほぼ同じで、これにビジュアルが加わり、特に現場で活躍する人にはわかりやすいです。
最近主流となりつつある石原流のサービス理論から大きく離れていないだけに理論としては最も読みやすい一冊といえます。

気になる点は、理論の前提となる、「現在の日本のサービスレベル」が、あまりにも低水準に設定されているところです。

筆者はこれを「社会主義国並」とまでいい切っていますが、その具体的根拠は述べられていないし、実際に、本当にこの本に出てるように低レベルなサービスしかできていないのだとしたら、この本で警告する以前に日本の消費システムはとっくに破綻していると思います。

また、理論自体は聡明で非常にインパクトがありますが、その時々に綻びが見られます。例えば一通のクレームメールに対応しようとして、筆者が悩みぬいて返信する場面などがそれで、相手を無理矢理にでも説得しようとする思いが強いあまり、「その日の仕事をキャンセルした」ことを本で「告白してしまう」など、筆者自身の主張の流れや姿勢とはまるで逆の対応、つまり現実においてはすこし本末転倒だと予測できる場面があります。

また、他のレビューにありましたが、「自殺者200人の対処・・・」を、これも「公に告白してしまう」ところなども相手への「気づき」(遺族感情などへの配慮)を主張する姿勢とは矛盾があるような気がします。「楽しく、チャラチャラと」は、実際にはそうでない人が主張してこそ本物と思います。

この辺が少々残念な気がしますが、全体としてはわかりやすくて面白く読めます。




明日香出版社の他の本
  気づかれしない“ひとづきあい”心理学
  店員さん、ありがとう!私、買う気になりました 購買意欲をかきたてる店員さん、サービスとは
  なぜあの人だと話がまとまるのか
  中国語のスラング表現 映画・ドラマ・音楽が楽しめる!


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料