自分が変われば組織も変わる コミュニケーション上手になる

かんき出版

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

かんき出版の本

かんき出版の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

自分が変われば組織も変わる コミュニケーション上手になる

自分が変われば組織も変わる コミュニケーション上手になる ISBN:4761261021
出版社:かんき出版
Author:大久保 寛司 
Media:単行本
価格:1,365




amazonで購入する amazonで購入する




レビュー
 「上が何を考えているかわからない」「現場にどんな問題が起こっているのか伝わっていない」というケースは、多くの人が職場で頻繁に実感する問題であるだろう。組織内のコミュニケーションは、思ったほどうまくいっていないのが現実だ。そうした課題に対して、質の高いコミュニケーションが職場の風通しをよくし、組織を変える原動力になるという「対話による組織変革」を唱えているのが本書である。『二十一世紀 残る経営、消える経営』でお客様との対話の要諦を説いた著者が、本書では組織内の対話に焦点をあてている。

   第1部の「コミュニケーション不足の現実」では、言いたいことがなかなか相手に伝わらない現実が紹介されている。第2部「コミュニケーション上手になる実践法」、第3部「質の高い対話が組織を変える」では、その対処策が具体的に紹介され、質の高い対話を促すヒントが解説されている。著者がかわった数多くの組織変革の経験や、小出監督、リッツカールトンホテルの事例などを交えながら展開され、心にすんなり収まるところが魅力だ。

   本書のテーマである質の高い対話を根づかせるために一番大切なことは、「相手の話を真摯に聴く態度」だという。本書を読むと確かに「聴く」という行為はなかなか難しいことだと思い至る。そして、もうひとつ大事な要素は、「相手を思いやりながら話す態度」だという。筋が通っていても感情的に受け入れられないものは相手には伝わらないからだ。上司と部下、組織と組織、企業とお客様などさまざまな場面で使える質の高い対話のこつを本書から学びたい。(松山真之助)



カスタマーレビュー
本当にデキル奴は少ない。仕事がちょっとデキル奴は多い。営業マンでも技術者でもデキル奴はゴロゴロいる。だが、チームプレイでデキル奴は滅多にいない。

つまり、単独プレイだと成果をあげられるが、チームプレイで個人プレイの何倍もの成果をあげることができる人間は本当に数限られているのだ。

企業にしても他の組織においても、大きな成果をあげようと思ったら一人でできることなんて数限られている。チームプレイが必要だ。

個人能力が低くてもコミュニケーション能力、リーダーシップ能力が高ければ、人を使い驚愕させられるほどの成果をあげることができるのだ。

この本を読んで、自分にまだ足りない、リーダーシップ能力を向上させなくては、と改めて思い知らされた。



amazonで購入する amazonで購入する



かんき出版の他の本
  中国のことを知ってから中国株はじめましょ! 現地のホンネを理佳センセイが教えてアゲル!
  リースの契約・解約と税務 図解版 実務入門
  損切りのルール 儲けを生む損、生まない損を見抜く!!
  取引・交渉の現場で役立つ英文契約書の読み方 リスクや盲点を見抜いて相手と対等に渡り合う!


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料