格闘するコーチング 口先だけの団塊ジュニアが戦力になった!

かんき出版

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

かんき出版の本

かんき出版の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

格闘するコーチング 口先だけの団塊ジュニアが戦力になった!

格闘するコーチング 口先だけの団塊ジュニアが戦力になった! ISBN:4761261102
出版社:かんき出版
Author:日向 薫 
Media:単行本
価格:1,470




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
一歩進めたコーチングの本「理解と共感」から「対決を楽しむ」コーチングへ。
こんなはしがきから始まる。
企業内でのコーチングについて、上司と部下の関係を会話例をふんだんに取り込んで解説している。
団塊第二世代移行の新入社員については理解と共感なんてしないで最初から”異文化君”として扱ってしまおうという本。

で、本全体にわたり、論理療法や交流分析等々の心理学療法の解説などもあり面白く読める。思い込みからの解放 「人間って本当に楽しい存在ですから・・・」という著者の思いが伝わってくる良書である。
 コーチングやカウンセリングの技術には必ず「受容と共感」という言葉が出てくる。もちろんそのことは最も大切なことではあるが、無理に理解しようとしてもなかなか難しいのが現実であろう。本書ではそんな思い込みの世界から自由になることを説いている。

 「コミュニケーションは不断に変化していく双方向の格闘である」「人間関係には想定問答集のような対症療法が通用しないのが現実である」まさに本書では、多くのリーダーが様々なコミュニケーションやコーチング本を手にしながら疑問に感じていることの一つの処方箋を示している。

 著者は団塊第二世代以降の若者を『異文化君』と名づけているが、!最近の若者の心的構造や行動特性をするどくとらえており、ビジネスの現場で役に立つ具体的、実践的な内容である。また、難解なカウンセリング理論やマネジメント理論を実際のコミュニケーションのやりとりの中でわかりやすく解説しており、単なるコーチング本としてではなく、マネジメントにも大変役に立つ内容となっている。コーチングから魂を抜いた悪書「カウンセリング」の概念を導入した点が
部下指導法「コーチング」の肝であり、
それを排除した点で、仏から魂を抜き、
単なる論争テクニックに貶めた本といってよい。

「カウンセリング」には相応のスキルが必要である。
従って、「コーチング」は誰でも出来る手法ではない。
本書は、相手を「異文化君」と決めつけ、
これを論破し操るためのテクニック集となっている。
当然シナリオも都合の良い空想であり、実際に使えば
取り返しの無い事態を招くであろう。




かんき出版の他の本
  脳とココロ “好き・嫌い”のメカニズムを解明
  FP技能士2級・AFP試験(実技試験)資産設計提案業務・個人資産相談業務「完全攻略」
  FP技能士2級・AFP試験(学科試験)最短集中ゼミ
  FP技能士2級・AFP試験(学科試験)厳選問題集


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料