実録 サラリーマンの私にもできた!アパート・マンション経営

かんき出版

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

かんき出版の本

かんき出版の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

実録 サラリーマンの私にもできた!アパート・マンション経営

実録 サラリーマンの私にもできた!アパート・マンション経営 ISBN:4761261293
出版社:かんき出版
Author:山田 里志 
Media:単行本
価格:1,470




amazonで購入する amazonで購入する




レビュー
   資産家でも事業家でもない普通の平凡なサラリーマンである著者が資産ゼロからスタートして、時価2億円相当の6つの不動産を持つまで資産を築いてきた過程を、失敗も含めて紹介した書である。

   著者は自ら述べるように年収700万円の普通のサラリーマンであるが、仕事をやめても生活に困らないように経済的自立をめざし、ハッピーリタイアメントを強く願っていた。当初、マイホームの一戸建てをローンで購入するが、マイホームは資産ではなく負債であることに気づく。そんな時期に著者は田舎暮らしの実現を契機に、負債であったマイホームを賃貸することで資産に変えることに成功した。その後、多少の失敗を経ながらも、ローンをうまく活用して、最終的には時価2億円、ローン1億円の6つの不動産から月額純家賃収入80万円を得るまで資産を増やした。

   本書は、なによりも普通のサラリーマンが自らの体験を生々しくまとめているところに現実味があり実践的な内容になっている。ただし、その過程はバブル時代に不動産の共同担保でローンを組み、次々と不動産を増やしていく方法であり、この方法が最終的に著者が望むハッピーリタイアメントになるのかは、まだ回答がでていない状況といえよう。(木村昭二)



カスタマーレビュー
勇気付けられる。私もサラリーマンで、アパート・マンション経営に興味があり、いくつか本を読んでいるが、他の本が割合と理論的な説明が多いのに対し、この本は、著者がいかにサラリーマンの生活で、いくつものアパートオーナーになったか、また、そのコツ、失敗談などを交えて、紹介している。なるほど、そうやってなるのか、と納得させられる。また、自分もできるのではないかと、かなり思わせる本。アパート経営に興味がある人は、ぜひ一読を。十分…。前ふりの文章が長すぎる。全体の3分の1近くまでを
「今後の経済は不安定」「サラリーマンも安泰ではない」とうかいう
記述に使われるのは辟易してしまった。
内容もアドバイスと本人の思い出話がごちゃまぜになっていて
非常にわかりにくい。著者のメッセージは十分わかる。少し甘いかも。。。今までこの手の本をいろいろ読みましたが、総じて考えが甘い気がします。どんな建物でも老朽化します。修理しないと住めないところまでいかなくても、見栄えも落ちるし、周りに新しいマンションも立ってくると自然に家賃は下がってきます。下げないと空き室が増えます。現在の家賃より将来は上がることはあまり期待できません。建て替え、リフォーム、修理いずれにしても経費はかさみます。タイミングを見計らって上手に買い換えるとか何か対策しないと、ただ持ち続けているだけでは今現在の収入が将来もコンスタントに入ることはまずないと思います。結構現実は厳しいですよー。



amazonで購入する amazonで購入する



かんき出版の他の本
  手形・小切手の取引実務
  就業規則の作り方・見直し方
  3分以内に話はまとめなさい できる人と思われるために
  3時間熟睡法 眠りのリズムを身につける!


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料