LPI Linux認定試験〈レベル1〉リリース2 合格Expert

技術評論社

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

技術評論社の本

技術評論社の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

LPI Linux認定試験〈レベル1〉リリース2 合格Expert

LPI Linux認定試験〈レベル1〉リリース2   合格Expert ISBN:4774117374
出版社:技術評論社
Author:浜野 賢一朗 中島 能和 
Media:単行本
価格:2,604




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
LPICのロゴのついたテキストを選びましょう。『合格Expert』の練習問題はほぼ完全にできるようにして試験に臨んだのですが、本番の試験はもっと難しく、不合格となりました。
『合格Expert』の練習問題が出来ても決して合格できないし、本文を精読しても、この本では難しいと思います。

選択したテキストによって、同じ学習時間でも合否が分かれることになるので、やはり、「LATM」、「準拠」のテキストで勉強すべきでした。
CDの問題はテキストと全く同じなので意味がないと思います。必須知識を押さえる問題集 本書は『標準合格テキスト LPI Linux認定試験 レベル1』とほぼ同じです。主な相違点は、・CD-ROM "CB Trainer"が添付されていること ・模擬試験がRelease2にあわせて再編されていること です。特に本編の章立ての順序はRelease2の101/102に合わせて纏められておらず、ページに101/102と示されているだけなので、特に101/102を分けて受験する場合には、学習の際不便です。

 各章ごとに解説と例題、練習問題からなっています。解説はリファレンス的で一度学習した内容を手早く整理・再確認するのに向いています。例題・練習問題は多めで充実していると思います。

 ただし、模擬試験含めて問題レベルは合格に必要な最低レベルと考えたほうがよいと思います。実際の試験レベルと同等の内容が揃っているとは言い難いでしょう。特にCD-ROM"CB Trainer"による学習は、採点等の面で非常に便利ですが、記述式がないため実際の試験とは異なります。知識確認のために使用するのがベストでしょう。広大な範囲を的確に押さえた勉強しやすい本です会社で多少Unixに触れる機会があり、また、自宅でもLinuxを導入したPCがあります。
この本を使用し101・102とも、多少の余裕を残して合格しました。
(決して高得点ではなかったですが。。)

この本には、練習問題や模擬試験などがありますが、
それらはあくまで「知識確認用」として使用するべきで、
この本(あるいはCD-ROM)に載っている問題だけが

全て解ける様になっても、高得点は期待できません。
しかし、「合格することだけ」を考えると、
これ以上のことが載っていても、混乱するだけなので
これぐらいの分量が適切と思いました。

高得点での合格や、Linuxを極めたい人は
この本だけでは物足りないと思いますので、
他の本も併用しながら勉強することをお勧めします。




技術評論社の他の本
  Excel VBA実践プログラミング Excel2000/2002対応
  明解 材料試験のABC
  これで安心レジストリの仕組み・設定・カスタマイズ
  実践VBエンジニアのための VB.NETビルドアップテキスト


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料