Cプログラミング診断室 さらに美しく健康的なプログラムのために

技術評論社

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

技術評論社の本

技術評論社の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

Cプログラミング診断室 さらに美しく健康的なプログラムのために

Cプログラミング診断室 さらに美しく健康的なプログラムのために ISBN:4774117870
出版社:技術評論社
Author:藤原 博文 
Media:単行本
価格:2,814




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
ダメな実例コードが書いてあるのはこの本だけかと内容が古いのは元々1993年のものの改訂なので仕方ないところはあります。
現在では「リファクタリング」や「プログラミング作法」などそれなりに類書も増えてきていますが、実際にダメなコード(しかもサンプルではなく実例(!))を直に見せていた本はなかったかと思います。

初心者だからダメなコードを書いてよいわけではないですし、歴史的事情があるからといって、混乱しているコードを放置してよいわけでもないです。
また、一線で働いているはずの人々が、本当にこんなダメなコードを書き続けているのが悲しいかな現状です。
「C-FAQ」に書いてあっても、現場の人はそんなの読んでないんですよ。いや、ほんと。今となっては、古い内容ではあるが…。この本を読んで、いかに自分がヒドいコードを書いていたかを
自覚させられました…・゚・(ノД`)・゚・。
他人の悪いところを見て、自分の悪いところを直せ、といった感じでしょうか。

あと、重複コードや長すぎる関数、おかしな変数名など
リファクタリングにつながるものがあって、とても勉強になりました。弱いものいじめでストレスを解消する本? 名著だという評価を別のサイトで見かけたので買ったのですが、字が間違えていました。これは確実に「迷著」です。

 まず、この本を読んで得られるものがありません。
 人のソースコードをみてこき下ろしていますが、もちろん、バグがあるのは論外ですのでこき下ろして結構ですが、しかしタイトルである「美しいソースコードの書き方」について、この本から納得できるような教授をうけることはできないでしょう。
 一例をあげれば、80行インデントは悪、使いすぎマクロは悪、という姿勢は同感ですが、その論拠が非常に疑わしい。

 副作用のあるマクロ、使い方を間違えた標準関数やC言語のイディオムなどの紹介がありますが、これは書き方云々以前の問題でしょう?
 しかも、そうゆうのはC-F!AQ系の本にで、さんざん取り上げられているはずです。

 また、いろんなソースコードにグチグチとケチをつけていますが、アマチュアならともかく組織的に作られたコードは「歴史」が染み込んでいるということを考慮していません。新品での汚れがついてたらクレームものですが、中古品が汚れているのは使われている証拠です。これを愚かなコードだと一蹴する姿勢は威勢があって一見かっこよく見えますが、あまり実益はないでしょう。
むしろ、そのような発想が出てくることそのものが疑わしい。

 ともかく論点がずれていることに加えて、ソフトウェア工学に対する知識も古く、更に偏見と見識の狭さがあり、とても明著とはいえません。
 なにより「美しいコードの書き方」を何一つ見せてもらった気がしま!ん。




技術評論社の他の本
  Sigmarion III&@FreeDパーフェクトブック
  技能検定1・2級 機械学科の精選問題 機械保全・機械系
  テクニカルエンジニア ネットワーク パーフェクトラーニング過去問題集〈平成15年度〉
  情報セキュリティアドミニストレータ パーフェクトラーニング過去問題集〈平成15年度〉


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料