[フルカラー3D・立体視] 星がとびだす星座写真【特殊レンズ付き】

技術評論社

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

技術評論社の本

技術評論社の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

[フルカラー3D・立体視] 星がとびだす星座写真【特殊レンズ付き】

[フルカラー3D・立体視] 星がとびだす星座写真【特殊レンズ付き】 ISBN:4774117951
出版社:技術評論社
Author:伊中 明 
Media:単行本
価格:2,205




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
☆宝石箱ひっくり返したみたい☆興味を持って私も買ってしまいました。とても綺麗ですし、3Dになっているので、星の結びつきが、とても良く分かって勉強になります。ホント、宇宙に自分が行って見ているみたいな錯角さえ・・・。これを見て、今夜天体観測いかがですか??お手軽宇宙遊泳「美しすぎる宇宙」にどっぷり浸れる渾身の一冊。 さすがにポケットには入らないが、そこそこ手頃な大きさで携帯に便利、ストレスが溜まった時チラッ見てはホッとできる癒し効果があるかも。 身長10光年の巨人が地球から夜空を見上げると、星はこのように立体視できるそうだ。 すごい! 99へぇ?だ! ただ、地球から距離1000光年までの星のみを立体視化、そこから先が平面なのは少々残念。 その辺は第2弾に期待したい。 ともあれ立ち読みでも一見の価値あり。 夜空大好きのロマン派なら蔵書にしたくるのでは? 3Dレンズ一体化製本で僕は高くないと思う。宇宙は無限に広い。教科書で教わる星の運行や星座は天球上を「球面に添って平面的に」動いているような図で教わりました。星によってそれぞれ何光年か距離が違うのに、今まで全然不思議に思わなかったです。

だからこの本を見て、圧倒されました。星々には皆それぞれの距離があり、たまたま肉眼で星々に線を引き人工的につくったものが「星座」であるとわかり、げんこつで頭を殴られた位ショックでした。

いやがおうにも天体に興味がわいてくる本です。今度は星座早見表を使って夜の空を見ようかな、と思いました。
人間って、本当に小さいなあ。




技術評論社の他の本
  SE・IT技術者研修標準テキスト
  これで快適インターネットADSL100%活用法
  Photoshop Albumでデジカメ写真をとことん楽しもう
  これで軽快 ADSL+高速ブロードバンドルータ+無線LANの仕組み・設定・徹底活用


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料