BEA WebLogic Server 8.1J EJB 2.0徹底攻略

技術評論社

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

技術評論社の本

技術評論社の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

BEA WebLogic Server 8.1J EJB 2.0徹底攻略

BEA WebLogic Server 8.1J EJB 2.0徹底攻略 ISBN:4774118397
出版社:技術評論社
Author:田澤 孝之 関口 宏司 
Media:単行本
価格:5,040




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
入門者だけでなくJ2EEのエキスパートにもお勧めですさすがは、J2EEアプリケーションサーバ世界最先端企業の方が執筆した本です。EJBの「システム」レベルの動きまでこれほどまでにわかりやすく解説している参考書は他にはないと思います。EJBの仕様書は無味乾燥で、読むことすら苦痛になってきますが、この本は違います。豊富な具体例とともに誰にでもわかりやすく、かつ楽しめる形で書かれていて大変興味深い本です。J2EEのエキスパートと呼ばれる人も、この本のすべての知識を持ち合わせている人はそうはいないと思います。本の厚さのわりに重さが軽くできているのも特筆すべき点だと思います。分厚い技術書を何冊も持っていますが、このページ数で電車やバスに持って行こうと思わせたのは初めてです。J2EEのエキスパートでも満足する逸品だと思います。これか!のエンタープライズ開発を担うJ2EEerには必携の技術書と言えるでしょう。EJBの実践的な知識が深まります今まで、EJB仕様について解説する本は多くあったが、実際にEJBコンテナがどのように動作するのかを詳しく書いたものはなかったと感じる。
この本を読むと、EJBのブラックボックス的な動作の部分が良く分かるので、読み終えた後に、実際にEJBを使ってみようという気にさせられる。

どちらかというと、EJBの使用に関しては悲観的な意見が多いなかで、あえて、EJBの実践的な使い方にこだわっているという点では、J2EEアーキテクトの方々には一読の価値がある。

特に、6章のEJB実装のテクニックに関しては、すぐに実開発でも適応できる内容が多く記述されているので、時間のない方はこの章だけでも読むと良いのではないだろうか。EJBの理解が大変深まりました実務で WebLogic5.1/EJB1.1 を使っで開発をしたことがあるのですが、ツールの整備がなっておらず、また仕様もまだまだ若かったこともあっていろいろと苦労をした覚えがあります。

しばらく EJB(特にEntityBean) を使った開発からは遠のいていたのですが、この本で EJB1.1 と 2.0 の違い(特に CMP)や、最新の WLS8.1 上での EJB の開発方法など詳しく書いてあり、大変ためになりました。

最近は JBuilder や Eclipse を使っているのですが、この本で紹介されている BEA の WebLogic Workshop に一目惚れしました。
あまり有名でないながらも使いやすそうなので今後の開発でチャレンジしてみたいと思っています。




技術評論社の他の本
  Javaネットワーク&ストリーム完全制覇
  ウェブサイトデザイン 情報を伝えるためのデザインと技術 (Vol.9)
  すぐ使える「おいしい」サンプルが満載! ASP.NETプログラミング本格入門【CD-ROM付】
  改訂第3版 最新デジカメ写真+パソコンかんたん利用術


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料