Excelのカラクリ 読んでわかる表計算ソフトのしくみ

技術評論社

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

技術評論社の本

技術評論社の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

Excelのカラクリ 読んでわかる表計算ソフトのしくみ

Excelのカラクリ 読んでわかる表計算ソフトのしくみ ISBN:4774118842
出版社:技術評論社
Author:新居 雅行 
Media:単行本
価格:1,344




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
表計算ソフトの歴史としくみがわかると、もっと使えるようになるソフトウェアに限った話ではないが、モノゴトは、しくみがわかると、使いこなしのレベルも上がる。
ブラックボックスになっていたのでは、使いこなすレベルにはなかなかなれない。
エクセルにしたって、ソフトの裏側で、今、どんな処理が行われているかを知っていれば、しくみを前提とした操作方法がとれるはずだ。

前半部分で、エクセルが完成するまでの歴史が書かれているが、個人的には、この部分が一番共感して読めた。
1979年に発表されたVISICALCは、私もよく使った。考えてみると、現在、流通しているソフトは、ほとんどが、アップル2というパソコン用に開発されたソフトを源泉にしている。すごいことである。
その後の、PC互換機用の1?2?3やアシストカルクもよく使った。とくに、自分もプログラムの参考にした、1?2?3のプログラミングレベルには驚いた。

そういった個人的な思い出もあるが、文化史としての表計算ソフトの話をもっと読みたいと思った。
エクセルにたどり着くまでに、いかに多くの天才的試みがなされてきたか、また、マーケッティング戦略はどうだったのか?など、知りたい。

後半は、表計算ソフトの原理と、原理をわかった上での使いこなしの手法が書かれている。これを読むと、エクセルがいかに、人類の智の結晶であり、すごいプログラムだったのだということが実感できる。
エクセルの内部的な話が、とてもわかりやすく説明されている。

単に使っているレベルから一歩進むために、こういった本を読むことはとてもよい刺激になるだろう。




技術評論社の他の本
  Javaスタートブック 基礎からしっかり徹底学習
  ソフトウェア開発技術者合格教本〈平成16年度〉
  実例満載!!楽しいロゴ・デザイン文字で飾る!目をひくポスター・チラシの上手なつくり方
  実例満載!!ここまでできる!「おりがみ」の魅力と不思議


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料