会議が変わる6つの帽子

翔泳社

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

翔泳社の本

翔泳社の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

会議が変わる6つの帽子

会議が変わる6つの帽子 ISBN:4798103500
出版社:翔泳社
Author:エドワード・デ ボーノ Edward de Bono 川本 英明 
Media:単行本
価格:1,680




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
この本で思考法は必ず変わる創造的な発想をおこなうには、拡散思考→収束思考のプロセスを経ることが必要ある。本書は6つの視点を用いることで、このプロセスを自然に行うことができる。これが6ハット思考法の最大の特徴である。
正直に言って、デボノはノーベル賞クラスの大天才である。世界を変えた50人にも選出されている。

では、なぜ本書は売れないのか? おそらく、6つの帽子という単純さ、幼稚さが、本書の購入を阻んでいるだろう。ただし、それは大変にもったいない。この本への投資は必ず報われると保証しよう。論理思考の次に水平思考の発案者エドワード・デボーノの名著"Six Thinking Hats"の邦訳。
思考法のパイオニアであるデボーノ博士の集大成的著作である。
以前『デボノ博士の「6色ハット」発想法』というタイトルで
訳書が出ていたが、この思考法は会議で使うのが最も効果的と
みたのか、本書では『会議が変わる』となっている。

6つの色帽子はそれぞれデータや創造性、感情などを意味し、
各色の帽子をかぶったときにはその帽子の思考をする。
感情さえも思考に含めてしまうところはほんとうに画期的だ。
このパワフルな思考法は無論、会議だけでなく、問題解決の手段として
一人で利用することもできる。
博士によれば、従来の論理思考は「車の左前輪のようなもの」だという。

左前輪は車を走らせるうえで不可欠なパーツに違いないが、
車のすべてではない。左!前輪だけで車が走るのではないからだ。
つまり論理思考だけでは不十分だというわけである。
本書では6つの帽子の使い方、博士の提唱する水平思考の
わかりやすい説明も述べられているので、はじめて氏の著作に

触れる方も安心して読めるだろう。私自身、原書、訳書の計3冊を読んだが、
そのたびに新しい刺激を受け、論理思考だけが思考法のすべてではないことを痛感させられる。
頭にいい刺激が欲しい方必読の一書である。ほんとにかぶって会議をしたら、けっこう楽しい。白、赤、黄、緑、青、黒、それらの色に定義を当てはめて、理論に
利用していく。企画会議や戦略会議など、日々たくさんの会議で
時間をつぶしているビジネスマンにはぜひ読んでほしい。
しかし具体的に青色の帽子をかぶれる人(理論的進行)ができる人が
多くの企業には少ないような気もするが…。

個人的な発想法としても利用し、頭の中を整理していくのにはとても
良い。ただし、イメージ力の少ない人には苦痛かもしれない。




翔泳社の他の本
  AN・PM・AE共通午前〈平成15年度〉
  実践C++/C#.NETプログラミング Visual Studio .NETによるアプリケーション構築
  検索にガンガンヒットするホームページの作り方 SEO(検索エンジン最適化)テクニックで効果的にPRしよう
  10日でおぼえるVisual Basic.NET入門教室


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料