なぜ、あの商品だけ大ヒットしたのか!

翔泳社

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

翔泳社の本

翔泳社の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

なぜ、あの商品だけ大ヒットしたのか!

なぜ、あの商品だけ大ヒットしたのか! ISBN:4798103624
出版社:翔泳社
Author:玉木 剛 
Media:単行本
価格:1,575




amazonで購入する amazonで購入する




レビュー
   パブリシティのノウハウをまとめた『全部無料で宣伝してもらう、対マスコミPR術』の著者が、本書では同様の手法で、大ヒットした商品やサービスの事例を集めて、その舞台裏の「優れた仕掛け」を検証している。 

   事例は『ハリー・ポッターと賢者の石』、映画『アメリ』、藤圭子のデビュー曲、『なめらかプリン』など計11例。商品の直接的なパブリシティで成功したケースだけでなく、自らのテレビ出演で店の信頼度も高めた『監獄レストラン』の安田社長、ドラマ『ホテル』の撮影舞台に名乗りを上げて集客につなげたヒルトン東京ベイなどのケースも取り上げている。

   企業側の仕掛けにマスコミや顧客がどのように動いたかを簡単な図にしており、どのタイミングでプレスリリースを打ったかなどがひと目でわかる。内容の大部分は、「仕掛け人」へのインタビューをもとに書きおこしており、各人が手掛けたリリースの内容や送り先の工夫、マスコミの人脈づくり、プレスリリースに「ストーリー」を盛り込むノウハウなどが学べる。

   本書ではこのほかに、販促広報の4ステップ、自社媒体やホームページなどのメディア戦略、プレスリリースの書き方、「企画型プレスリリース」などを解説している。「全部無料」とはいうものの相当な労力を要したり、内容がともなわないものにマスコミもなびかないことが想像できたりして、著者が言うほど簡単にはいかないように思えるが、広告を打つ余裕のない企業にとっては、やはり耳よりのノウハウだろう。マスコミを意識することで、自社の商品やサービスを見つめ直す良い機会にもなるはずだ。(棚上 勉)



カスタマーレビュー
マーケティングの勝利。それはマーケターの力ではなく、企業の総力で勝ち取るもの。 かつて、同じ著書の「全部無料で宣伝してもらう対マスコミPR術」と一緒に買ったもの。
 本書も同著者の他の本と同じく実質星ゼロです。
 マーケティングに携わる者としては、全く得るものがないばかりか、また著者のスタンスに疑問を抱かずにはおれません。

 ヒット商品とは、本書で紹介するように小手先のパブリシティや広報でお手軽に生まれるモノではないことはモノを売ったことのある人ならば誰もが実感するはず。

 それは商品企画担当者、商品開発担当者、きちんと品質を管理し製造を行う製造担当者、広告表現を開発するコピーライター、媒体計画を練る広告担当者、お店の棚を確保しお店の人に売る気にさせる営業担当者、そしてお店の人の熱意、などさまざまな人の協力があってはじめて成功するものです。

 これは物作りだけの世界ではなく、映画作りであろうと、雑誌作りであろうと、同じです。
 こうした実の部分がなければパブリシティのネタにもならないことは明らか。
 パブリシティ計画は不可欠であるが、パブリシティというコントロールが不確実な手法にたよって売上をまかせられるほど、商売の現場は甘くない!

 著者にはいつも厳しい言葉を並べて申し訳ないが、いつも自腹で本を買わせていただいている以上、これくらいは許していただきたい。マスコミを馬鹿にするな! 大手経済新聞の記者です。
これまでたくさんの新商品紹介や、会社紹介の記事を書いてきました。これらは特ダネというほど、やりがいのある仕事ではないけれど、
日本経済の鼓動を切り取り、企業の発展、ひいては経済全体の発展につながると考えてきました。それなりの価値があるから、ニュース性があるからと判断すればこそ、記者も記事にするわけです。

 しかし、著者はマスコミをうまくだまして、思うように利用してやろうという魂胆がミエミエで、とても腹立たしく思います。
 中小企業でもやり方次第、というのは結構ですが、心根の卑しさは真似しないでいただきたいです。真摯な誠意と、商品・企業の革新性こそ、マスコミ人にも通じるものです。大企業宣伝部員も読んだほうがよい。徒にお金をかけて広告するよりも如何にしてマスコミに取り上げられるようにするか考えなさいという筆者の前著の考えを敷衍した本。特に目新しい内容が盛り込まれているわけではないですが、事例スタディは最新かつ豊富。各々のプロジェクトのキーパースンへのインタビューという形式で、とても興味深くてビジネスのはなしのネタになりそうです。

著者が前提にしているのはあまり宣伝費を使えない中小企業・ベンチャーのマーケティングですが、ともすれば代理店お任せになりがちな大企業宣伝部の人間も読んでおきたい本。「露出」させればよいというものではないという発想の転換の契機になるのでは。

後半は効果的な(編集者の目にとまる)リリース文書の書き方指南。



amazonで購入する amazonで購入する



翔泳社の他の本
  Web業界の歩き方
  ファイルの救出233の鉄則 Windows98/Me/2000/XP対応
  IP電話でわかる最新ネットワーク技術
  クラッキング防衛大全 Windows2000編


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料