落ち込みやすいメンバーへは、「行動」「影響」「開発」の順で伝える

Posted at 10/09/27 Comment(0)» Trackback(0)»

落ち込みやすいメンバーへは、「行動」「影響」「開発」の順で伝える

A:どのような行動だったかを客観的に指摘
 自分が責められているのではなく、「行動」についての話だとわかれば、必要以上に落ち込まない

I:行動が及ぼした影響を客観的に指摘
 仕事の進め方がどんな結果につながっているか、冷静に見つめ直せる

D:今回の結果を踏まえて、改善するための取り組みを明らかにする
 どうすれば前進できるかを具体的に見つけることで気持ちが前向きになる

"落ち込みやすいメンバーへは、「行動」「影響」「開発」の順で伝える"へのトラックバック

トラックバック先URL

"落ち込みやすいメンバーへは、「行動」「影響」「開発」の順で伝える"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

スポンサードリンク

SEO
loading
プロジェクトマネージャー.jp