「哀しみ」を語りつぐ日本人

PHP研究所

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

PHP研究所の本

PHP研究所の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

「哀しみ」を語りつぐ日本人

「哀しみ」を語りつぐ日本人 ISBN:4569629628
出版社:PHP研究所
Author:山折 哲雄 齋藤 孝 
Media:単行本(ソフトカバー)
価格:1,365




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
感情の三原色日本文化を考える2人の教授の対談で「日本的感情」の周辺を眺めていく本。著者からの内容紹介にあるように、齋藤氏は「感情の三原色」を提唱する。確かに喜怒哀楽の「喜」と「楽」は区別しがたい。「感情の三原色」とは「哀しみ(液体)」「憧れ(気体)」「張り(固体)」であり、文化的に高次な感情である。人はこれらの感情を生まれつき持つのではなく、生活の中で身につけていく。「哀しみ」の感情を学ばなかった若者は「ムカツキ」「キレる」。さらに対談は日本人の感情のふるさとを探しに行く。それは、季節感にあり、精神世界にあり、歌にあり、リズムにあり、身体感覚にある。
日本語と日本文化を考えるヒントになる本だが、最近の書物にありがちなボリュームのなさが気になる。




PHP研究所の他の本
  [壺阪式]超シンプル仕事術 「簡単なこと」を繰り返すだけで、仕事の達人になれる!
  ブラック・ジャックはどこにいる? ここまで明かす医療の真実と名医の条件
  少しだけイングリッシュ・スタイルな暮らし
  かんたん!使える!おりがみ生活小物


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料