落語で江戸を聴く 粋と人情とご教訓

PHP研究所

本の紹介ページ−レオ

 Amazon.co.jpアソシエイト


トップ ,

PHP研究所の本

PHP研究所の他の本を見る


本の紹介ページです。なお本のデータはAmazon.co.jpのWEBサービスを利用しています。

落語で江戸を聴く 粋と人情とご教訓

落語で江戸を聴く 粋と人情とご教訓 ISBN:4569629644
出版社:PHP研究所
Author:槇野 修 
Media:単行本
価格:1,575




amazonで購入する amazonで購入する




カスタマーレビュー
う?ん「おしい!」って感じかな落語が好きなので、どんな風に書かれているのか興味津々で読みました。落語の入門書なのか「懐かしい日本語」に重きを置くのか「粋と人情」に絞るのか読み手に何を伝えたいのかわかりません。あとがきに「したり顔の客が笑いを先走っていやな雰囲気だった」とありますが、まさしくそれです。「あたしゃいろいろ知ってんだよ」って雰囲気が感じられます。もう少しわかりやすくまとめていただきたかった。

p75の後ろから6行目からp76の9行目まではは要らない文章だと思います。




PHP研究所の他の本
  騙しのカラクリ
  「哀しみ」を語りつぐ日本人
  [壺阪式]超シンプル仕事術 「簡単なこと」を繰り返すだけで、仕事の達人になれる!
  ブラック・ジャックはどこにいる? ここまで明かす医療の真実と名医の条件


本を買うならAmazon.co.jp。お買い上げ1500円以上で国内配送無料